犬の嗅覚で前立腺ガンを発見?

昨日とある記事にこんな内容を見つけました!

ジャーマンシェパード 前立腺ガン

先進国の男性において罹患率の高いガンと言われる「前立腺ガン」を、犬の優れた嗅覚で発見

していこう。そんな研究結果を泌尿器学会の専門誌『Journal Of Urology』に発表したのは、

クレア・ゲスト博士監修のもと犬の嗅覚を医学で役立てる研究を続けてきた

英「Medical Detection Dogs(本拠地:バッキンガムシャー)」と、

イタリアで泌尿器科の研究を続ける

「Department of Urology at the Humanitas Clinical and Research Centre(本拠地:ミラノ)」

それらの研究チームが犬とともに実験を行ったところ、

前者では正答率が93%、後者ではなんと98%の正解率を誇ったというのだ。

イタリアにおける実験は、900人の男性(うち360人が前立腺ガンに罹患)を対象に

2頭のジャーマン・シェパードに嗅覚による反応を示させるというもので、

正答率は1頭が97.6%、もう1頭が98.7%であった。

前立腺ガンから放たれるある種の揮発性有機化合物のニオイに反応するとみられ、

専用の訓練を積むことにより、こうした犬が医療現場で活躍する可能性は十分にあるようだ。

との内容でした。

わんちゃんの驚くべき能力にただただ感心しました☆

今後医療の現場にもわんちゃんの力が必要になってくるのかもしれませんね(^O^)

いつか助ける側と助けられる側が逆転してしまうかもと

そんなことを思った今日この頃でした☆

URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)