バック・トゥ・ザ・フューチャーから30年

大人気映画のBack to the Future が公開されて30年が経ちましたね(>_<)

その続編となるBack to the Future Part IIでは主人公らが30年後の未来の

2015年10月21日午後4時29分(まさに今日ですね☆)

にタイムスリップし様々なトラブルに巻き込まれ

また過去にタイムスリップしたりしつつ自分たちの未来を取り戻すという物語です。

バックトゥーザフューチャー出典 theawesome80s.net

私自身もこの映画のファンで何回も観ていますが、この映画の中で

当時は夢のようなアイテムだったものが、いくつか現実に出来ています。

例えば、①大型の薄型テレビとビデオ通話

②タブレット型PC

③ホログラフィックディスプレイ

④自動靴ひも調整機能付き「スニーカー」(今年NIKEが本当に発売するそうです!)

⑤空飛ぶボード「ホバーボード」(米HENDO HOVER社が開発。お値段は170万円なり(笑)

こうしてみてみると、本当に当時は夢のようなものが現実に出来てきているんですね。

動物のほうでは約30年前の昭和58年の独自調査では、

犬の平均寿命は7.5歳という報告があります。

現在ではその倍近く、犬は14.17歳、猫では14.82歳とのことです。

それこそ当時はわんちゃん、ねこちゃんの寿命がこんなに伸びるとは

思いもしなかったかもしれませんね!

30年あれば、現在は治らないとされている病気も完治させることが

出来るようになるのかもしれません。

30年後、例えば現在研究が進んでいる様々なガンに対するワクチンが開発され

多くのガンが発生や再発を防ぐことが出来るとか、

あるいは再生医療が進歩し一度歩けなくなったわんちゃんが再び歩くことができるようになるとか

「人間が想像できることは、人間が必ず実現できる」

なんて言葉もありますし、

色々と想像を働かせ、それが研究され、実現していくといいですよね☆

バック・トゥ・ザ・フューチャーからそんなことを思った今日この頃でした。。

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)