梅雨入り→皮膚病に気をつけましょう!

こんにちは!

みなさま狂犬病予防やフィラリア予防はお済みでしょうか?

もし「あっ、、、忘れてた」という方はなるべく早めにかかりつけの動物病院を受診してくださいね!

さて、この繁忙期、ブログを随分さぼってしましました_| ̄|○

継続するということは難しい。。

今日はここ浜松を含む東海地方も梅雨入りしたとのことから、この時期気をつけて頂きたい皮膚病に関してです。

「皮膚病」というのはとてもざっくりした表現ですが、みなさんが1番多く目にしているのは

「膿皮症」と呼ばれるものだと思われます。

犬 皮膚病 季節

犬の皮膚疾患のなかで膿皮症の占める割合は非常に高く、

なぜかねこや人に比べても非常に高い割合で膿皮症が起こっています。

さらにいうと3月頃から増え始め、梅雨明けの7月にはピークを迎えます。

これからの時期、ワンちゃんの皮膚に湿疹や赤みがあるのを見つけた場合は

お近くの動物病院を受診してくださいね☆

今はトリミングに来るわんちゃんにも湿疹が出ていることが多いです(>_<)

膿皮症の治療は抗菌薬になることが多いと思われますが、それだけでなくシャンプーや外用薬、

サプリメント、フード変更などが必要となることもあります。

何回も繰り返したり、治りが悪くなる前に獣医師と相談し、正しい治療を受けるようにしましょう!

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)