骨折しやすい犬?

骨折しやすい犬種

今日は犬の骨折に関する話です。

先日、洗面台の高さから落下してしまったトイ・プードルが来院されました。

シャンプーをして、乾かす際に一瞬目を離したら自分で飛び降りてしまったようです。

結果からいうと、左前足の橈骨と尺骨という骨が2本とも折れていました(>。<)

自分で飛び降りて骨折するって・・

とお思いかも知れませんが、これは珍しいことではありません。

ここ数年人気のトイ・プードルは他の犬種に比べ2倍以上骨折するリスクの高い犬種です。

2014年のある保険会社の統計によると

(参照元;http://www.anicom-page.com/hakusho/book/)

骨折しやすい犬種は

1位 イタリアン・グレーハウンド

2位 ボルゾイ

3位 サルーキ

4位 ポメラニアン

5位 アイリッシュ・セッター

6位 甲斐犬

7位 トイ・プードル

の順となっています。

上記の7犬種はすべて他の犬種よりも2倍以上骨折しやすく

特にイタリアン・グレーハウンドは8倍以上骨折のリスクが高いようです。

また、犬はもともと体重の70%ほどを前肢で支えているため、

前肢の骨折が後肢の骨折に比べ圧倒的に多いです。(前肢59.4%>後肢10.5%)

骨折した場合の平均入院日数は7.9日。

骨折した場合の平均年間診療費は269,733円(平均手術費ではありません)

わんちゃんにとっても飼い主様にとってもつらい数字です。

犬は人間の赤ちゃんと同じように何をしでかすかわかりません。

私たちの想像しない行動をとることもあります。

ぜひ上記の犬種に関わらず、

「うちの子は大丈夫」と思わずに

特に高い場所に乗せている時は注意深く観察し、目を離さないようにしましょう。

 

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)