犬を飼うことで血圧が下がる?

こんにちは!

浜松ではインフルエンザが流行しているようで、学級閉鎖になっているところも多いようです。

当院のスタッフみんな元気に頑張ってくれていますが、

インフルエンザには気をつけたいですね(´・ω・`)

今日は犬を飼うことで血圧が下がるという記事のお話しです。

犬 血圧降下

(引用元:THE SPOKESMAN-REVIEW)

オレゴン州大学の研究者によると

犬を飼育している年配の飼い主は、犬を飼っていない人に比べて有意に血圧が低いことが明らかになりました。

そして、これは飼い主が犬と一緒に運動をすることが原因ではないということです。

つまり犬を飼うという生活要因そのものが心臓血管疾患のリスクを減らすようです。

それには潜在的な理由としてストレスの軽減や不安、孤独のレベルの低下があるかもしれません。

まだ正確な理由はわかっていないようですが、これは犬を飼うことのポジティブなニュースで

嬉しいですよね☆

犬を飼うことで運動が増えるからだと思っていたのですが、何か他に理由があるようですね(^^)

ここ数年、わんちゃんを新たに家族に迎え入れるかたが劇的に減ってきています。

2008年には1310万頭だったものが昨年は991万頭。

たった数年で300万頭以上減少しています。

動物病院は当然ながら動物がいなければ成り立ちません( ゚Д゚)

犬を飼うことで血圧が下がること、寿命が伸びること

もっともっとわんちゃんを家族として迎え入れてもらうためにアピールしていきたいですね☆

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)