真夏の散歩は要注意!?

曇りの予報だったのが、すっきりと晴れましたね☆

昨日関東・甲信地方は梅雨明けが発表され、浜松を含む東海地方も

今日・明日には梅雨明けでしょうか。

さて、雨が少なくなるとまたわんちゃんの散歩に行く機会も増えるかと思いますが、

真夏の散歩には注意することが沢山!

犬 夏 散歩

真夏のアスファルトは50~60℃にもなります。

この熱いアスファルトの上を歩くと犬の肉球は火傷をしてしまいます。

私たち人間が裸足でアスファルトの上を歩くことを想像すれば、

どのような事態になるかは想像できますよね(^-^;?

また犬の体は私達人間よりも地面から近いため暑さをダイレクトに感じることになりまます。

犬は、ヒトと違い 汗をかいて体温を調節することが出来ません。

そのため犬は口から舌を出してハアハアと息をしながら体温を調節するのですが

多くの犬が暑さにとても弱いので、熱い時間帯や長時間の散歩は

熱中症のリスクもあり、犬の体のためにはよくありません。

また散歩中も水分補給が出来るようにお水をもって散歩に出かけましょう!

お散歩が出来る時間帯は、

早朝まだ暑くない時間か、夜あるいは夕方日が落ちてからにしましょう!

また万が一肉球の火傷や、熱中症の症状がみられた場合には

必ずお近くの動物病院を受診しましょう。

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)