院内セミナーを実施しました☆

先日、わんちゃんやねこちゃんに使う

薬用シャンプーに関する院内セミナーを実施しました!

みなさん、特にわんちゃん飼い主様は、定期的に家で、もしくはトリミング先でシャンプーを

受けているのではないかと思いますが、

「本当にこのシャンプーがうちの子にあってるのかしら?」と疑問に思ったことはないですか??

人間でも動物でも一緒ですが、

脂っぽい皮膚のわんちゃんもいれば逆にカサカサして乾燥した皮膚にわんちゃんもいます。

全部同じシャンプーでいいわけがありません。

今回動物用薬用シャンプーを数多く販売されているビルバックの方にわざわざ浜松まで出向いて頂き、

院内セミナーを行い、看護師含め、どんな状況のときにどんなシャンプーを使うべきか勉強させてもらいました☆

ビルバック 院内セミナー

すごく簡単に説明すると、

①乾燥して毛がぱさぱさ、赤みや痒みが出やすい場合→保湿性のシャンプー(アデルミルシャンプーなど)

②脂っぽく大きくゴワゴワしたフケ、チーズのような臭い→脂分がかなり多い場合はビルバゾイルシャンプー。

改善してきた場合や乾燥しやすい場合はケラトラックスシャンプー。

③感染症→細菌性皮膚炎の場合エチダンシャンプー、ニキビダニなどの治療補助の場合ビルバゾイルシャンプー

④汗っかき(背中にブツブツ、毛がベタベタ)→エチダンシャンプーなど。

症例の状況によって治療法もシャンプーも変わってくるんです☆

今回看護師も含め院内セミナーをしたことで、シャンプーの使い分けについて理解が深まったと思います。

飼い主様の相談にも乗れるようになっていると思いますので、

皮膚の事、シャンプーのことでお悩みの場合はご相談くださいね!

 

浜松市中区 レイクサイド動物病院

URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)