病院紹介

病院紹介

院長あいさつ

院長・獣医師 杉浦正人

飼い主様と家族の一員である動物たちの
暮らし・生活が少しでも豊かになるための
お手伝いをしていきます

こんにちは、レイクサイド動物病院院長の杉浦です。
獣医師として少しでも地域貢献・社会貢献をしたいと思い、このたび生まれ故郷でもある浜松市で動物病院を開業することになりました。
大切な家族である動物の病気を治すことはもちろん、飼い主様のお気持ちや考えを理解する努力をすること。一頭一頭、あるいは一人一人に合った答えを一緒に導く努力をし、少しでも、暮らしが豊かになるお手伝いが出来ればと考えています。
また、最近の獣医療の発展に伴い動物の高齢化が進む中、これからの獣医師はレベルの高い総合医でもありつつ、一つ以上の専門医であることが重要であると私は考えています。
当院では腫瘍に対する豊富な知識と経験により、腫瘍科専門外来が可能です。愛するわんちゃん、ねこちゃんとより多くの充実した時間を過ごすために、腫瘍のことでお困りの際は、ぜひ一度ご相談ください。
日々勉強し、多くの飼い主様の期待に応えられるよう努力したいと思っておりますのでどうぞよろしくお願いします。


 

病院理念

01
動物たちの声、飼い主様の声に耳を傾ける

動物たちは当然話すことができません。
しかしながら、表情や動き・態度いろんな方法で私たちにサインを送っています。
そのサインを見逃さないよう努力し注意深く観察すること。
また、飼い主様が質問や意見を言いやすい環境を作ること。
飼い主様はその家族である動物のことを私たちより把握しています。
飼い主様に治療や難しい言葉を押し付けるのではなく、些細なことから話し合い、飼い主様からも質問していただく。
病気や治療に関して十分に理解していただけるよう丁寧に真摯に対応いたします。

02
常に向上心を忘れない

飼い主様が期待する診療、治療に応えられるよう、常に最新の医療および技術の取得に努めます。
高度医療や専門設備を備えた施設との連携により診療および治療の選択肢を増やします。

03
病気にならないこと

もっとも重要なことは病気にならないことだと考えています。
そのために必要なことは予防医療です。
ワクチンや不妊手術など、予防により防ぐことのできる病気は少なくありません。
病気になって初めて病院にくるのではなく、普段から予防や検診を推進し、病院に行くことに抵抗なく安心していただける環境を作ります。


レイクサイド動物病院のロゴ

氏名又は名称
杉浦 正人
事業所の名称
レイクサイド動物病院
事業所の所在地
浜松市中区佐鳴台三丁目52番19号
動物取扱業種別
保管
登録番号
第223314021号
登録年月日
平成26年10月23日
登録の有効期間
平成31年10月22日
動物取扱責任者
杉浦 正人