避妊・去勢

避妊・去勢

避妊・去勢手術

不妊手術は健康な体にメスを入れることが多いため、飼い主様からは、本当に必要なのか?をよく聞かれることがあります。しかしながらそれは簡単に絶対やったほうが良い、あるいはやらないほうが良いと言い切れるものではありません。
ただ、不妊手術をすることで防ぐことが出来る腫瘍や病気が多く存在することがわかっています。そのため、当院としては交配を予定している場合をのぞき、6か月齢〜1歳くらいを目安に不妊手術をお勧めしています。(犬か猫か、オスかメスかにより理想的な時期は多少異なります。)
しかしながら最終的に判断するのは飼い主様です。もし手術にあたって不安な点やわからない点がございましたらお気軽に獣医師にご相談ください。 ※手術は基本的に予約制になります。

不妊手術で予防できる病気は?

オスの場合
男性ホルモンに関連して起こる病気や腫瘍は発生率が格段に下がるかあるいは発生しません。
例) 前立腺肥大、会陰ヘルニア、肛門周囲腺腫、精巣の腫瘍
メスの場合
女性ホルモンに対する暴露と乳腺腫瘍の発生率は明らかに相関があります。つまり早期に避妊手術を行うことで乳腺腫瘍の発生率は明らかに低下します。
そのほか女性ホルモンに関連しておこる病気 例)子宮蓄膿症、卵巣および子宮の腫瘍など
乳腺腫瘍の発生率

※避妊手術を行った場合の乳腺腫瘍の発生率に関して上記のような報告もあります。

不妊手術はメリットだけ?

不妊手術をすることで、望まない交配を防いだり発情期のストレスを軽減することが出来ます。また手術により予防できる病気があることは上の説明にある通りですが、手術することによるデメリットも少なからずあります。

●手術後は、基礎的な代謝が20%ほど低下するといわれており、少し太りやすくなる可能性があります。
●全身麻酔の必要があります

より詳しい説明をご希望の方は直接獣医師にご相談ください。