愛と希望と勇気の日☆

1月14日は「愛と希望と勇気の日」だそうです。

またの名を「タロとジロの日」。

タロとジロ

1959(昭和34)年、

南極に置き去りにされた南極観測隊の2匹のカラフト犬・タロとジロの生存が確認されました。

1956(昭和31)年の秋、南極観測船「宗谷」で11人の隊員が東京港を出発。

15頭のカラフト犬も犬ぞり隊として参加しました。

1958(昭和33)年、第2次越冬隊を送り込む為再び「宗谷」は南極に向かいましたが、

厚い氷にはばまれて断念。11人の越冬隊員はヘリコプターで救出されたが、

15頭のカラフト犬は救出することができず、鎖につないだまま氷原に置き去りにされました。

翌1959(昭和34)年のこの日、ヘリコプターが2頭の生存を確認しました。

南極から打電されたこのニュースは、世界を愛と希望と勇気の感動で包みました。

ジロは南極で死亡しましたが、タロは5年後に日本に生還して北海道で余生を過ごしたそうです。

人と犬との絆は半世紀以上前も今もきっと変わらないのでしょう。

しかしながらこういった美談だけでなく、多くのわんちゃんが命を落としたことも事実です。

残念ながら亡くなってしまったわんちゃんのご冥福をお祈りいたします。

映画「南極物語」、相当久しぶりにまた観てみたいと思います★

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)